足立区のホームページ屋さん

ソーシャルメディア活用法|ITジャーナリスト宮脇睦によるIT時評「伸びる会社は知っている」

ソーシャルメディア活用法|伸びる会社は知っている(第254<ソーシャルロ?j

トップページ-目次-ソーシャルメディア活用法(第254<ソーシャルロ?j

■第254号ソーシャルメディア活用法

インターネットは道具です。そしてこの道具はその価値と使い方を正しく利用すると今までの常識を覆す結果をもたらします。

2011年12月9日発行号
目次♪

1:新着情報
2:伸びる会社は知っている!→ソーシャルメディア活用法
閑話休題:心を1gだけ軽くする一言。目の前の人が師匠〜
3:実践テクニック編!〜情報収集術(60)ご近所編22〜
4:プロが教えない話外伝!〜みんビズの提灯記事〜

それでは始まりです!!!

1:新着情報

■足立区のニュース。開設、足とコピペで記事を書きます
http://www.adachiku-news.com/

■行列ができる焼き肉屋「スタミナ苑」 本日より月曜日営業します

 東京都足立区鹿浜の行列ができる焼き肉屋「スタミナ苑」が12月限定で月曜日営業します。

■焼肉屋「スタミナ苑」
http://www.mode-web.jp/sutamina/

■焼肉屋「スタミナ苑」 ハツタタキ
http://www.mode-web.jp/sutamina/hatsu-tataki.html

2:伸びる会社は知っている!〜ソーシャルメディア活用法〜

 カレンダーをめくり気がついたのですが、年内の発行はあと1回
か2回。

 隔週発行ですが、12月の2回目が天皇陛下のお誕生日で、年末の追
い込みの時期と重なり発行をお約束できないからです。

 というわけでは「ソーシャルメディア活用法」。
 なんとか年内に要諦だけでも伝えられればと。
 
 一概にソーシャルメディアといってもブログとツイッター、フェ
イスブックではアプローチが異なります。

 まず、なじみ深いブログですが、裾野が広がった分だけ読者層も
多彩で、ビジネス向けとしては最適です。

 反面、私的な発言も公的なものとして受けとられる可能性が高く、
また継続的に作文を続ける労力が求められます。

 そこでソーシャルメディア的ブログの活用法としてオススメして
いるのが「写真ブログ」です。

 営業先、オフィスの窓から見えた夕焼けなどの「写メ」に簡単な
コメントをつけるだけ。

 仕事に直結するかは考える必要はありません。
 いわば「雑談」。
 想定ターゲットは既存客。

 ネットを介して接触時間を増やすことで、顧客ロイヤリティ(忠
誠心)を高める狙いです。
 
 次にツイッター。
 Web業界的に言えば「いまさら」ですが、リアルでは「いまから」
です。
 始めるなら名刺にアカウントを刷り込み、自分が「中の人(なか
のひと:ぬいぐるみなどのスーツアクターを指す言葉から転じて、
企業ツイッターの担当者などを意味する)」だと宣言します。

 これにより「これから」の企業にとって、あなたは「先行者」と
なります。

 つぶやきの中身は誹謗中傷以外ならOK。
 客に内容を問われたら「ツイッターですから」と答えます。
 先行者の強みは、行動を正当化できることです。

 最後のフェイスブック。
 これが厄介。

 取引先に尋ねて取り組んでいたら始めてください。
 その反対なら様子見でOK。
 驚くほど利用実態に温度差があり、無駄骨になる可能性が高いサー
ビスです。

<つづく>
メニューへ

3:閑話休題:心を1gだけ軽くする一言。目の前の人が師匠〜〜

 言葉の出自は不明ですが、人生において出会った全ての人が教師
で、いま目の前にいる人は、いまの自分に何かを与えてくれる師匠
だということです。

 先日なくなった立川雲黒斎家元勝手居士(俗名 立川談志・・・
ではないのですが、こちらで)は弟子に何も教えなかったと有名で
すが、家元がいるだけで弟子にとってはなによりの勉強だったとい
います。

 無茶ぶり、ワガママ、愛情などなど。
 学ぶ姿勢で人に接すると発見がいっぱいです。

<つづく>
メニューへ

3:実践テクニック編!〜情報収集術(60)ご近所編22〜

 川口市にはいったところで鳩ヶ谷市がなくなる話題から2ヶ月ほど
脱線しておりましたので、ちぃ散歩・・・もとい、ご近所情報収集
編に戻ります。
 
 以前述べたように、歩いてみると「集落」の区切りがわかります。
 そして鳩ヶ谷市の消滅にあわせて調べた川口市の歴史から、なる
ほどと頷きました。

 その「集落の区切り」とは、「地区」と見事に重なったからです。

 そして、集落は人の営みの中で、自然発生的に生まれたもので、
都県境の毛長川、芝川により街並みが変わるのも同じ理由でしょう。

 すると住んでいる住民の雰囲気まで変わるから不思議です。

 川口市はそこに「工業団地」という人為的な区割りが加わります。
 自動車メーカーやインクメーカーなど名の知れた企業の工場があ
り、住宅街から別世界に放り出されたような錯覚に陥ります。

 そこから見えてくるのは・・・次回に続きます。

<つづく>
メニューへ

4:もっと実践編!〜みんビズの提灯記事〜

 今朝の産経新聞「くらしナビ」で、植木屋として独立し、ホーム
ページを開設した方の記事が載っていました。

 「使わないともったいない」と小見出し付きで。

 さて、これをもって前回触れたように「ホームページを開設しま
しょう」とするのはWeb屋の本分ですが、それでは「プロが教えない
話」ではありません。

 この記事は「みんビズ」の提灯です。

 「みんビズ」とはGoogle、KDDI等が協力して提供するホスティン
グサービスで、私もオススメしているサービスですが、これが提灯
=宣伝がらみであるとする論拠は「みんビズ」を紹介するための記
事だからです。

 中小企業のホームページ利用はと切り出し、大学教授を引っ張り
出して有用性を説いて、サービスの概要を説明して最後はユーザー
に語らせる典型的提灯記事です。

 だって、ここで書かれている「効能」なら、「みんビズ」を使わ
ずとも「ブログ」で充分なのですから。

<つづく>
メニューへ
本コンテンツは有限会社アズモードが提供しております。