足立区のホームページ屋さん

今年の3月までの正しい戦術|ITジャーナリスト宮脇睦によるIT時評「伸びる会社は知っている」

今年の3月までの正しい戦術|伸びる会社は知っている

トップページ-レポート-第303号今年の3月までの正しい戦術

■第303号今年の3月までの正しい戦術

インターネットは道具です。そしてこの道具はその価値と使い方を正しく利用すると今までの常識を覆す結果をもたらします。

2014年1月10日発行号
目次♪

1:新着情報
2:伸びる会社は知っている!→今年の3月までの正しい戦術
閑話休題:心を1gだけ軽くする一言。TPO〜
3:実践テクニック編!〜ネタの探し方(21)〜
4:プロが教えない話外伝!〜いまきているバブル〜
5:オススメ情報

それでは始まりです!!!

1:新着情報

※最新記事は3本です。ぶろぐでオリジナル記事を配信してます。

■マイナビニュース
本業が成功してもはまる0.2のわだち。そこにあるのは祈り0.2
http://news.mynavi.jp/column/itshacho/247/index.html

■Web担当者Forum 第342回
お客に算数をさせ納得させるブラックテキスト術。消費税還元セール対策
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/01/08/16686

■通販支援ブログ【第54回】
いまだから13%還元セール! 利食い千人力をとりに行く
http://blog.scroll360.jp/ec/keiei/post-42.html

2:伸びる会社は知っている!〜今年の3月までの正しい戦術〜

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 そして年明けから風邪をひきました。
 年末に倒れたのは疲労からの発熱でしたが、今回は見事な風邪です。

 幸い、こちらは寝込むことなくやり過ごせましたが、妻がひいた風邪を引きずっているとなりで、暴飲暴食を繰り返しHP(体力)を削ったことで罹患したようです。

 あるいは風邪気味かな? と気がついた日曜日の朝「気合いだ!」とアニマル浜口のような発想で、エアロバイクを1時間漕いだことがとどめを刺したのかも知れません。
 
 さて、各種連載で煽っていますが、いよいよ消費税増税です。
 ということは駆け込み需要です。

 ところがまだ各社は様子見・・・ではないでしょう。
 この週末の三連休を過ぎたら、つぎつぎと仕掛けて来ると睨んでいます。

 なぜなら駆け込み需要は早い者勝ち。
 お客の財布の資産埋蔵量は限られており、いち早く引きだしたものしか、駆け込み需要の恩恵にあずかれません。

 貯金を切り崩してまでは買いだめはしないものだからです。
 そして景気の先行きが不透明なときは現金を持っておきたいという心理が働くことと、20年近く続いたデフレの後遺症です。
 
 上げた税率を下げることはほぼ100%ないことから、高くなった消費税に国民はいずれ慣れます。

 だからいずれ消費は戻ってきますが、駆け込みの先食い分が消化されるまで売上が低迷するのは自明です。
 つまり今年の三月までの「食い逃げ」が正しい戦術ということです。
 
 もちろんインターネットも同じです。
 それは通販に限りません。

 どんな職種でも「食い逃げ」ができます・・・が、具体例を挙げれば税務当局に睨まれるのでここに明示はしませんが、我々のようなホームページ屋さんでも可能です。

 え? でも納期が・・・と心配なら個別にご相談いただければ増税前なら特別価格でレクチャーします・・・と。 ね?

<つづく>
メニューへ

3:閑話休題:心を1gだけ軽くする一言。TPO〜〜

 はじめて紅白歌合戦を腰を据えて(録画ですが)見ました。
 理由は「あまちゃん」ですが、AKB48の大島優子が突然の「卒業」発表に浮かんだ言葉が「TPO」。

 EXILEのヒロ、そして御大 北島三郎の「卒業」が目玉の紅白でぶち込んだ卒業とは「予告」で、これからの興行の「宣伝」と同義。

 TPOをわきまえない人は、大人の社会で嫌われます。

 本当に独断(そんなわけありませんが)なら、彼女の未来に暗雲が垂れ込めます。

<つづく>
メニューへ

4:もっと実践編!〜いまきているバブル〜

 新年なので特別編として「株」の話しを。

 昨年からしつこくCMが流される「NISA」とは、個人を「投資」へと誘う政策ですが、歴史的な上昇を見せた昨年の株高によって、株式投資に興味を持つ人も増えていることから特別編です。

 数えてみると株式投資を始めて10年となり、どれだけ儲けたかと言えば・・・実は、ほとんど換金していないのですが・・・「時価評価額」だけでみれば、投じた金額がおおよそ1.5倍に。しょぼいですかね。ライブドア株が紙くずになったこともありますしね。

 その経験から警告します。

 「ネット株」はいまプチバブルです。

 ソーシャルゲームや上場予定のLINE関連株が乱高下を繰り返しており、あきらかに過剰期待による値動きとなっています。

 「一攫千金」を目指すならチャンスですが、紙くず・・・にはならずとも10分の1、5分の1になる可能性が高い株もゴロゴロ。

 くれぐれも投資は自己責任で。

<つづく>
メニューへ
本コンテンツは有限会社アズモードが提供しております。